ペルシャのキャッテリー。猫関連やその他の趣味などなど
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペットフードのリコールについて
2007年04月15日 (日) | 編集 |
少し前にニュース等で話題になっていたかと思いますが
カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社製ペットフードを食べた犬や猫が
相次ぎ死亡した問題は、皆さん何らかの形でご存知かと思います。

同社は北米で、缶詰など6000万個以上を対象にした回収・無償交換を開始しました。
同社製ペットフードを食べた猫や犬が腎不全を起こし、少なくとも16匹の死亡が確認されたようです。

同社はペットフードの有力メーカーで、全米のスーパーで商品を販売しており、さらには、競合各社のペットフードも手広く受託製造している実態が判明いたしました。
リコール対象となっているのは、49銘柄のドッグフードと41銘柄のキャットフードで、米小売り大手ウォルマートなどのブランド名で発売されている6000万個に達すると言われております。

私の所では平行輸入品のフードは使っておりませんが、先日、ニュートロ社のフードのパッケージがテレビのニュースの画面にチラッと映っていたので、日本に輸入されている製品でリコール該当するフードがないか調べてみました。
ニュートロのグルメクラッシック缶や、コンプリートケアは、ウチでも与えているため非常に気になった次第です。
日本でニュートロの製品を販売しているのは「レッドハート社」ですが、一部リコールを発表しております。

アイムス、ユカヌバに関しては正規品に関しては該当しないようですが、並行輸入品に関しては注意が必要です。
ヒルズやロイヤルカナンは安全宣言を出されたようですが、やはり上記と同様、直輸入品があれば注意が必要だと思われます。

下記のページに詳しくまとめられております。

http://www.geocities.jp/felineibd2003/recall.html

日本国内でも有名である大手ペットフードメーカーが製造を委託していたと知り、かなりビックリしましたが、
ドライフードに関してはどうやら正規品を与えている分には心配はいらないようです。
ニュートロの製品に関しては、缶詰やパウチに関してリコールが発表されておりますので、
該当の商品がお手元にないかどうか、今一度ご確認下さいませ。m(_ _;)m

スポンサーサイト
テーマ:
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ドッグフードがなぜ危険なのか?それは、中身(原材料)を知らずに与えているからです。あなたが与えている、ドッグフードの中身(原材料)とは・・・
2007/04/15(Sun) 17:32:30 |  ドッグフードの選び方
わんこのご飯 ... わんこたちの食欲が落ちることはありませんか?我が家のご飯はドッグフードに手作りの「スペシャルフード」を食べさせています。と言ってもスーパーで半額に ... お刺身からいきました。  食欲のない時は一工夫。ドライフードだけの方は試してみてくださ
2007/04/16(Mon) 18:59:08 |  ペット・ペット用品のサイトチェック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。